中小企業向けセキュリティソフト「AppGuard® Solo(アップガードソロ)」

 

AppGuard®(アップガード) はシステムの正しい動作と機能を衞ります

AppGuard(アップガード)は、従来の「検知技術」型(定義ファイル、機械学習、レピュテーション、ホワイトリストなど)ではなく、攻撃の段階で脅威を遮断する革新的な特許取得済みのエンドポイントプロテクション製品です。 過去18年以上、一度も破られたことがなく、米国の政府機関において長年の実績があります。 また、米国国土安全保障の分野において、過去3年連続で GSN(Global Security News) Homeland Security Awardを受賞しており、米国陸軍並びにアメリカ国防省の高水準なセキュリティ・スタンダードを満たしたことを示すCoN認証も取得済みです。
 

外部から侵入されても不正な動作をさせない “Isolation Technology”

AppGuardは、感染リスクが高いハイリスクなアプリケーションでも、信頼されるアプリケーションでも、既にマルウェア感染されている可能性があるものとし て、起動時にコンテナ化しプロセスを隔離します。その上で、プロセスの動作範囲を限定し、通常の動作は可能にしながらも不正なプロセスやメモリへ のアクセスや書き込み、OS の重要なコンポーネントなどポリシー違反の動作を完全遮断、阻止します。更に、AppGuadはポリシーを継承する事で、プロセスから派生するのプロセスも自動的に隔離します。
 

AppGuardは、未知や既知に関係なくマルウェアの不正な動きを完全阻止し、ランサムウェア や Fileless Malware からも防御します。
また、1MB の超軽量な防御エンジンで高速に動作し、シグニチャや機械学習エンジンの定期アップデートが不要で、ネットワーク非接続環境でも動作が可能なところがAppGuardの特徴です。

AppGuard® Solo(アップガードソロ)とは?

 
 
 
AppGuard Solo(アップガードソロ)は、AppGuard(アップガード)の特徴に加え、「シンプル」「イージー」を追求した仕様となっており、集中管理体制を必要としない企業に向いており、専任のIT管理者が少ない中小企業に適しています。
 
最近では、企業規模に関係なく猛威を振るっている最新のランサムウェア、ファイルレスマルウェア、未知のマルウェアなど、従来の検知型エンド・ポイントセキュリティでは防げない最新の脅威に対しても、AppGuard Solo(アップガードソロ)は「シンプル」にPCへインストールするだけで「簡単」にマルウェアを封じ込め、システムの安全性を確保します。

 

未知の脅威にも対処できる

AppGuard Solo(アップガードソロ)は、どんなプログラムに侵入されても、たとえ未知のマルウェアでも「不正な動作」を完全に遮断することができます。

 

軽量・軽快

プロテクションエンジンが1MB以下でとても超軽量、ディスクのスキャン等も無いのでとても軽快に動作し、業務の支障になりません。

 

アップデート不要

アップデートが不要で運用が安易。一度システムにインストールすると、そのシステムを継続して守り続けます。

 

システムの安全性を確保

過去の脅威情報に頼ることなく、システムに害を与える不正な行為を未然に阻止し、システムの安全性を確保します。

 

シンプルな構成・動作

管理サーバーを必要とせず、各種設定(イベントログ収集、ポリシー設定等)は、各PCから操作可能です。またPCにインストールするだけで動作を開始します。

 

簡単な操作性

ユーザ自身による特別な設定操作を最小限にしています。